Pythonの実力を証明できる資格3種とその勉強方法について解説!
アンドエンジニア編集部
2021.05.01
この記事でわかること
Pythonは各分野で注目されており、システム構築などで重宝されている
基礎から海外でも通用できる資格まで、Pythonの実力を認定する資格が存在する
参考書だけでなくオンラインでもPythonを学べる環境ができている

Pythonは現在IT業界の中でニーズが高まっている

各企業が注目するPython

Pythonは様々なプログラミング言語の中の一種で、昨今AIなどの機械学習でも活用されています。その理由はシンプルで非常にわかりやすい点や、内容が読みやすいことが挙げられます。

これらを重視しながらPythonは活用されており、誰でも学びやすい言語として注目されています。そして、システム開発や機械学習などの分野で、昨今活用されているプログラミング言語です。就職や転職でも知識などを持っているか注目されることもあるので、勉強する価値は十分にあります。

 IT業界の様々な分野活躍ができる

徐々にバージョンアップして活用する場面が増えてきたPythonは、色々な機能が追加されています。歴史を辿っていくと2000年にバージョン2がリリースされた時に、自動的にプログラムが持っているメモリ領域を不要時に解除するガベージコレクションが注目されました。

この機能を活用することでサーバの負荷をプログラム終了後に自動的に開放して減らすことができるようになり、プログラマーの間では評価が高まっていきました。

その後様々なパッケージがリリースされていきますが、2005年にWebで活用できるDjangoが誕生したことによって、サイト構築時に複雑なsqlなどのデータベースを連携できるようになります。

データベースが日々育ちながらサイト構築に活用することができるようになり、常に新たな情報をサイト上でも見られるようになっていきます。

その後AIやディープラーニングなどに活用され、複雑な処理で人間に限りなく近い行動パターンをPythonによって作り出せるように現在も利用する場面が増えています。

Pythonが活用されている背景には、Pythonのシンプルさがあります。読みやすさだけでなく記述しやすいPythonは、プログラミング言語として大手企業でも活用されるようになりました。Pythonを習得すると、様々な業種に採用されるケースも増えてきています。

例えば、WebエンジニアではPythonを利用してWebアプリを構築していく案件が増えており、各企業からのニーズは高まり続けています。

また、システムエンジニアではインフラシステムを構築する上でPythonを利用するケースが増えており、データアナリストではデータベースをPythonを利用して機械学習などに連携していく業務を任されることがあります。

プログラムを作成してビジネスなどに活かせる

様々なプログラムをPythonで構築することができますが、活用方法も非常に様々です。昨今多くの人が活用しているSNSであるInstagram・Pinterest・動画配信サイトであるYouTube、そしてクラウドでファイル共有を行うDropboxなどがあります。

Pythonを利用するとファイルやデータを収集するだけでなく、加工を行うこともできます。例えば、ファイルやデータから対象物や内容を抽出して、新たなファイルとして取り出すことができます。

データ収集では自動的にWebスクレイピングを行い、自動的に検索しながらデータ収集を行うことができます。企業の報告書などを集めたり、具体的なキーワードを選定したならば検索して、各サイトで掲載されている情報のみ取り出すこともできます。

Pythonに関する資格を取得するとメリットが有る

様々な使い道があり、各企業もPythonを利用してシステムなどを構築しています。そんな中で実力を証明できる資格も多数提供されていますが、取得するメリットは色々とあります。

とにかく現在各企業で機械学習やアプリケーション開発が行われており、Pythonを使わなければ進めることができません。給与面などでも優遇されることがあるので、ニーズは高いと言えるでしょう。

また将来性がある点もメリットとして注目されており、様々なライブラリも常にリリースされています。日々技術が進歩している中で資格を得ることによって、変化に対応できる人材であることを証明することができます。

コードも読みやすく構成することができるため、勉強しやすいプログラミング言語ともいえます。また無料でシステム構築もできるので、コストを掛けずに勉強していくことができるのも魅力と言えるでしょう。

Pythonの資格を取る方法3つ | メリットから勉強法まで徹底的に解説

 Pythonの実力を証明できる資格3種

資格は注目されている

昨今様々なPythonに関する資格がリリースされていますが、特にエンジニアの中で取得を目指す人が増えている3つの資格があります。それぞれ実力を証明できる資格となっているので、勉強しながら取得を目指していきましょう。

Python3エンジニア認定基礎試験基礎を認めてくれる

Python3エンジニア認定基礎試験は、基礎文法などを中心に出題されますが、関連する書籍も提供されています。問題は全部で40問出題され、全て選択式となっています。正解率が7割以上で合格となりますが、各地に点在する資格学校などで日々受験することができるCBT形式を採用しています。

この試験は基本の文法から学び、試験で問われるので初心者でもとっつきやすい試験となっています。プログラミングをこれから本格的に始めてみようと考えた時に、Pythonではこの資格からスタートすると考えている人も増えています。

この資格試験を取得した後で幅を広げていく時には、他のPython関連の資格試験に挑戦していくといいでしょう。ただこの資格を取得しても、即戦力で転職することができるわけでは決してありませんが、合格して大きな自信につなげることができるので、途中で挫折せずに勉強を続けていく意味合いでも適した資格試験となります。

Python3エンジニア認定データ分析試験応用力を認める

Python3エンジニア認定データ分析試験では、Webサイト構築などでPythonとデータベースを組み合わせる際の基礎知識や方法などを問われます。データ分析に関する知識などを証明できる資格となっており、Python3エンジニア認定基礎試験と一緒に取得する人も徐々に増えています。

常にPythonに触れていれば、この資格試験は十分合格することができるレベルとなっています。合格までに必要な勉強時間は1ヶ月程度ですが、常にPythonに触れている人ならば1週間程度でも十分合格を狙えるレベルになっています。

理想的なPython関係の資格取得に向けた勉強方法

Python Certificationsは国際的な資格で、スキルに合わせて4種類のレベルが存在します。上位レベルをクリアすると、より専門的な知識を持っていると評価されます。

選択式となっていますが、注意点として問題と答えはそれぞれ英語で出題されます。Pythonのスキルだけでなく、英語の読解力も求められるので勉強が必要です。

理想的なPython関係の資格取得に向けた勉強方法

理想的な勉強方法

無料でシステム構築を自宅で行えるPythonについて、資格取得を目指して勉強する時に迷走してしまう人も少なくありません。資格取得に向けた理想的な勉強方法を理解しながら、自分に合ったプランを作って日々取り組んでいくことが重要です。

勉強を始める前全体像を把握することが重要

これからPythonを学び、資格試験まで行き着くために必要なことは、まずは学ぶべき内容を知ることです。基礎から学ぶ場合はひと通り全て勉強する必要がありますが、資格試験を受ける場合は「試験範囲」を把握が最優先です。

全く出題されない内容にまで集中してしまうと時間の無駄になることもあります。資格試験に合格するためには、まずは全体像を把握し、多くて1時間程度活用するといいでしょう。

簡単に学ばなければならない内容を理解しておけば問題ありませんが、量が多ければ時間もかかってしまいます。中には試験範囲外の内容が出ることもありますが、そこは全体像を把握した後で肉付けする形で学んでいくといいでしょう。

参考書や学習サイトを活用して勉強する

資格を取るための勉強方法は多岐にわたりますが、学校での勉強と同じように参考書を読んで学ぶことができます。参考書だとPythonの基本的な文法などを学べるだけでなく、応用的な活用方法まで知ることができます。

それを順序立てて解説しているので、知識をしっかりとつけていくことができます。また、参考書は実際にエンジニアとして活動している人が製作しているものが多いので、実用的な内容になっていることも多いです。

そんな中で最近ではPythonをより身近に学べるように、スマートフォンやタブレットなどを使って無料で使える学習サイトも増えてきました。Pythonの資格を取得する上で処理結果も把握することが重要ですが、学習サイトでは実際にコードを作成した後で処理結果も見ることができます。

また資格試験の模擬テストも受けられるので、実力を試していく上では十分活用することができます。通勤などでも利用できるので、有効的に活用しながら合格を目指すことができます。

プログラミングスクールや動画で講師のレクチャーで学習する

自分で参考書などで学習を進めていく時に、どうしても専門的なアドバイスを欲しいという状況に陥ることもあります。その中で昨今、プログラミングスクールでもPythonに関してレクチャーしてくれることがあります。

難しいと挫折する時には、プログラミングスクールの講座を選ぶのも方法の1つです。オンラインでも受講することができるため、分からなくなった時には講座内容についてメールやチャットで相談することができます。

時間もかからず、モチベーションを維持しながら取り組むことができますが、プログラミングスクールに通うには、どうしてもお金がかかってしまいます。

そんな中、最近では無料動画配信サイトでも、Pythonの基礎から他のソフトと連携しながら動かしていけるようにレクチャーしてくれる動画を配信する人も増えています。

動画ならば巻き戻してチェックすることができるため、何度でも視聴しながら内容を把握することができます。不明点は問い合わせ先を掲載していることもあるので、効率の良い学習が可能です。

Pythonの資格「Python3エンジニア認定試験」を徹底解説!

初心者でも学びやすいPythonの資格取得を目指そう

エンジニアの幅を広げよう

Pythonは各分野で注目されており、プログラムについてこれから学ぼうとする中で把握しやすい言語となっています。AIでも活用されていますが、データ解析などでシステム構築を行う上でスキルを持っていると重宝されます。

また、資格試験は実力を証明するものとしてアピールにつなげることができるだけでなく、活躍できる範囲も広がっていきます。資格取得は多くのメリットがありますが、学べる環境は探せば色々と見つけることができます。把握して活用しながら、より知識を深めていくといいでしょう。

Twitterをフォローしよう!
この記事をシェア
Twitter
Facebook
LINE
Hatena
アンドエンジニアの公式LINEができました! ピッタリの記事や役立つ情報が届きます!

編集部おすすめコンテンツ

この記事をシェア
Twitter
Facebook
LINE
Hatena
アンドエンジニアの公式LINEができました! ピッタリの記事や役立つ情報が届きます!

編集部おすすめコンテンツ